IKEAで毎年人気!ジンジャークッキーお菓子の家を子供達と一緒に作ったレポ

こんばんは。Yunです。

 

年末にIKEA(イケア)でお菓子の家キットを購入しました。

 

クリスマスの時期に発売されて、毎年人気の商品です。

初めてジンジャーブレットハウスを子供と一緒に作ってみたのですが、

作ってみて、人気商品の理由がわかりました!

 

とても楽しく、毎年やりたいなと思ったので、

作ってみた感想、作り方やポイントも合わせてご紹介します。

 

IKEA(イケア)お菓子の家を作る

IKEA(イケア)のお菓子の家って何?

って思う方もいれば、ご存知の方もいるはずです。

ジンジャーブレットハウスという商品で、ジンジャー風味のクッキーが、

家の形になっていて組み立てるだけで、お菓子の家が作れるキットです。

毎年出ている人気の商品で、今回初めて購入しましたが、

値段は¥599とお菓子の家のキットなのに、嬉しい値段です。

私が購入した時には、IKEA会員限定で¥499で購入できました。

時期によっては、安く購入できる時もあるのでそんな時はぜひ買い時です!

 

そして、お店にも完成されたお菓子の家がディスプレイされていました。

ディスプレイしてあるとわかりやすくて、よかったです。

子供が見て「作りたい」とワクワクしていました。

ということで、ジンジャーブレッドハウスを作ってみることにしました!

 

材料

お菓子の家を作るからには飾り付けるお菓子が必要なので

まずは材料を買いに行きました。

家にあったお菓子も合わせていますが、飾りになりそうな物を購入しました。

・アラザン(100均製菓コーナー)

・お魚ビスケット(無印)

・クリスマス型クッキー(カルディ)

・アポロ、マーブルチョコ

・クラッカー

・ラムネ、グミ  など。

あとは、チョコペンとアイシング用の粉砂糖を準備しました。

 

お菓子の家を組み立てる

まずは箱を開けると中はこんな感じで入っていました。

そして残念ながら一つ割れていました。

IKEA(イケア)の店舗でも外から見て明らかに割れたものがあったので、

選んだつもりでしたが、これだけ大きなクッキーなので、

どうしても割れてしまうのかもしれません。

購入する際は、割れていないかを外から確認してから購入した方がいいです。

私は、アイシングでくっつけてそのまま使いましたが、

IKEAは、レシートを持っていけば1年以内なら返品もスムーズに対応してくれます。

 

飾り付け

今回、私は補助であとは娘たちに全部作ってもらうことにしました。

 

最初に組み立ててから絵を描いたりしてもいいですが、

子供達も小さいので作業しやすいように組み立てる前に飾り付けしました。

お菓子広げて完全にお菓子パーティみたいになってますが、

この状態に子供達は、すごく大盛り上がりでした。

チョコペンを使ってクラッカーにアンパンマンの絵を一緒に描きました。

チョコペンを使ってお絵かきしたり、お菓子で飾り付けしたりして楽しんでいました。

チョコペンはすぐ硬くなるので温めたりを何度もしながら頑張っていました。

湯煎を用意しておくとチョコが固まらず、スムーズに作業ができます。

普段のお絵描きとはチョコレートなので描く感触が違うので、それも楽しかったようです。

屋根を好きなように飾り付けしながら、何度もつまみ食いをしていました。

 

アイシングクリーム(粉砂糖)が必須

このお菓子の家を作るのに絶対に準備しないといけないのが、

家を組み立てる時に接着するアイシングクリームです。

 

アイシングクリームとは、粉砂糖を水または卵白を溶いて混ぜたもので、

アイシングクリームは乾燥すると固まります。

よくアイシングクッキーなど聞いたことありますよね?

表面を砂糖で固めてある可愛い柄のクッキーです。

 

そのアイシングクッキーにも使われるクリームが、

家と家の土台を接着するのに必要になります。

粉砂糖は100均やスーパーの製菓コーナーなどで売っています。

チョコレートでも固まりますが、固まるまでに時間がかかるのと、

暖かい部屋では溶けることがある為、

アイシングクリームで固めることをおすすめします。

その方が早くて仕上がりも綺麗です!

 

アイシングクリームの作り方

アイシングクリームは、通常は、卵白と粉砂糖で作ります。

卵白を入れるのは、ツヤ、強度を出す為に使われていますが、

今回は家を組み立てる為に使うので、ツヤはいりません。

私は、簡単に済ませる為に、粉砂糖と水のみで作りました。

強度があり、崩れることなく綺麗に素早く固まったので、

組み立ての為に使うなら粉砂糖と水で十分です。

粉砂糖に水を少しずつ加えいき、混ぜて絞り袋で絞りやすい固さのクリームを作ります。

 

絞り袋、粉砂糖、共にセリアで購入しました。

セリアの製菓コーナーは製菓の種類が充実していておすすめです。

今は、100均になんでもあるので助かりますね。

アイシング用の絞り袋に入れて使います。

お菓子の家の壁に塗り、接着していきます。

固まるのが早いので、初めてで簡単にくっつけることができました。

難しいのかなと思いましたが、やってみると案外、簡単に組み立てができちゃいます。

家の枠をつけたら最後に屋根を上に載せます。

組み立て終わってから気がついたのですが、組み立てるのに必要な説明書が

箱の内側に書いてあるので、それを参考に作ると作りやすいです。

 

完成

煙突ものせたら完成です。

可愛いお菓子の家が出来上がりました。

子供達は、自分が作ったお菓子の家を見て、とても大喜びしていました。

全部自分で飾り付けをしたので、嬉しくてテンションも上がちゃいますよね。

自分が小さな頃にこんなことやらせてもらえていたらと考えたら、

とても楽しくて、絶対記憶に残るだろうなと思いました。

 

IKEA(イケア)お菓子の家を作って見た感想と気になる味

IKEAのお菓子の家キットは、アイシングクリームと

飾りを準備するだけで、簡単にお菓子の家を作ることができました。

子供と一緒に組み立てても、難しくなく、楽しく飾り付けができました!

 

気になる味の方も、ジンジャー風味のクッキーでとても美味しかったです。

 

お菓子の家を作りながら試行錯誤をしている姿に娘達の成長を感じることができ、

来年は、どんなお菓子の家を作ってくれるのかなと楽しみにもなりました。

また来年も販売されたら、是非やりたいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!
sponsored links