新築の床色選び!床色別のメリットデメリット*失敗しない為に

こんばんは!

ご訪問いただきありがとうございます・:*+.♪( ´▽`):+

 

家を購入するとき、床の色や建具の色は、

部屋のイメージをかなり左右する大事なポイントですよね。

好きな色だけで決めて意外と掃除が大変だったり、イメージと違ったり、

後から後悔してもなかなか変えることのできない重要な床色選び!

 

そこで、床の色について私なりに、感じたことをお話します・:*+.:+

 

我が家の床色

我が家のリビングは、真っ白の大理石調フローリングです。

初めて見たとき、本当に理想の床色でワクワクしました・:*+.:+

 

部屋は絶対に白を基調とした色が良かったので、

まさに大理石調のフローリングは理想的でした。

白い床のタイプでも、我が家のように大理石調フローリングや、

木目調のフローリングもありますよね。

 

我が家は2階の寝室以外の2部屋はホワイトの木目調フローリングです。

少し幅が広いタイプのフローリングになっています・:*:+

白い床のメリット・デメリット

白い床のメリットとデメリット、それぞれ私が感じたこと*

 

*メリット*

部屋全体が明るくなる。

白は光を反射する効果があるので明るく広く見えて、

ホコリが目立ちにくいです。

 

*デメリット*

髪の毛が落ちているとかなり目について、

ホコリは目立たない分、ゴミはが目立ちます。。。

あと、床の傷もついてしまうと、

その部分にゴミが入り、黒ずむので汚く見えたり、傷が目立ちます。

 

そう考えると、白い床を選ぶ場合は、掃除が好きで、

こまめに掃除ができて、それが苦にならない人向きとも言えますね。

 

私は、あまり細かな掃除は得意ではありませんが、

汚いのは気になるので一生懸命掃除をしていますw

ある意味、綺麗を保てるポイントにはなっている気がしますが。。w

 

濃い色の床メリット・デメリット

では、続いて濃い色の床だとどうでしょうか?

我が家の場合では、寝室に濃い茶色の床が使われています。

*メリット*

重厚感があり、カッコいい印象や落ち着いた雰囲気作りができる。

髪の毛が目立たず、傷もあまり目立たない。

 

*デメリット*

部屋が狭く見える。

皮脂汚れやホコリが目立つ。

重厚感あり落ち着いて見える反面、部屋の印象は暗く見えがちになります。

 

部屋自体が広く大きい部屋の場合にはいいですが、

狭い部屋だと窮屈な印象になることも‥

 

我が家の場合もそうですが、寝室は7,5畳、

床の白い部屋は5.5畳ほどと狭いです。

狭いはずなのに印象的には、あまり変わらない感じがします。

 

中間色、ナチュラルな床のメリット・デメリット

*メリット*

温かみがあり、部屋も明るい印象になる。

家具などが合わせやすく、ナチュラルな雰囲気作りができる。

インテリアが合わせやすく、人気がある色味。

色によっては白い床ほどゴミが目立たず、ホコリも目立ちにくい。

 

*デメリット*

賃貸などで多く使用されている為、無難な印象になりやすい。

ナチュラルな床色は、インテリアも合わせやすく、

掃除も楽になりデメリットが少ないように思えます。

 

まとめ

こうしてメリットデメリットをあげてみると、

中間色、ナチュラルな色が多く選ばれる理由がよくわかりますね(°▽°)・:*+.+

明るい色は、ホコリや髪の毛が目立つが、開放感ある空間作りには最適!

 

暗い色は、狭い印象にはなるが、重厚感ある落ち着いた雰囲気作りには向いている。

それぞれ長所と短所がありますね٩( ‘ω’ )و

我が家は、大理石調の白い床で住み始めて2年過ごしていますが、

掃除は大変ですが、とても気に入っていて、白い床でよかったなと思っています。

 

 

今回、床の色によって私が感じたことを書きましたが、

床の材質によってもまた変わってきます・:*+.\(( °ω° ))/.:+

床を選ぶときは床の色はもちろん、材質やグレードも考えて、

自分のイメージと合う床を採用したいですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました・:*+.:+

お家のついての記事はこちら↓

我が家が建売住宅を選んだわけ*後悔?!決まるまでの道のり

 

最新情報をチェックしよう!
sponsored links